心身教育研究所

〒690-0863 島根県松江市比津町437-11 TEL 0852-31-2746 メール info@sinsined.com

こころの天気&天気予報(小学4年以上)

こころの天気(小学4年以上)

低学年向け用紙 (小学3年以下)

文献
  • 「フォーカシング ―感じの表現とこころの天気―」(児童心理2003年4月号臨時増刊/金子書房)土江正司、2003年

  • 「心の天気―体験過程の象徴化―」(『フォーカシングの展開』第5章/ナカニシヤ出版)土江正司、2005年

  • 「こころの天気」(『フォーカシング ワークブック』3章3/日本・精神技術研究所)土江正司、2005年

  • ​「こころの天気を感じてごらん」(コスモス・ライブラリー)土江正司、2008年

  • 「こころの天気」(『フォーカシングはみんなのもの』)2章2/創元社)伊達山裕子・奥井智一朗、2013年

こころの天気の本

『こころの天気を感じてごらん』

 「今の心の天気はどうですか。スカッと晴れてる感じですか。」と問われれば、人は目を閉じるか、斜め上の方を向いて自動的に胸の辺りに意識を向け、「スカッとはしてないなあ。ちょっと薄ぐもり。もしかしたら雨が降り出しそうかも。」などと答が返ってくるものです。天気は心の様子を表現するのにとても重宝します。
 天気を表す言葉は豊富にあるし、言葉の未熟な子どもでも割と容易に心の様子を他人に伝えることができます。感じられた心の天気を紙に色鉛筆で描いてみるともっと客観的に心を観察することができます。また他者がその絵を見れば描き手の気持ちが手に取るように分かります。これを「こころの天気描画法」といいます。
 実際にこころの天気を描いてみると、こんな気持ちだったのかとちょっと意外な自分を発見したり、少し気持ちがすっきりするのを感じたりすることでしょう。また描いているうちに気持ちが変化してきて、もう一枚描きたくなったりします。用紙を下方のリンクからダウンロードできますのでご利用ください。用紙には描き方の説明も書いてあります。所用時間は15~20分です。

 

こころの天気のベースはフォーカシング
 

こころの天気描画法は「フォーカシング」という心理学の一つの領域から考案されました。未だ言葉になりにくい気持ちの存在に気づき、そこにフォーカスして、それを言葉や絵などによりできるだけ正確に表現し得たときに、もともとの気持ちそのものに肯定的な変化が起こるというものです。

 

こころの天気の活用例と効果

 

 一番多く使われているのは小学校においてでしょう。子どもたちはお絵かきが大好きですから。描くだけでストレス解消になります。また自然とお互いに見せ合いが始まり、クラスの仲間同士で気持ちを理解し合うようです。担任の先生にとっても児童理解の強力な手段となります。イジメの発見につながったり、スクールカウンセラーにカウンセリングを受ける手がかりになることもあります。鹿児島のある小学校では全校的に毎週こころの天気を描く時間を設け、子どもたちの内省力の高まりを感じています。

 大学において心理系の授業でフォーカシングを体験する際に使われることもよくあります。また授業の開始時にこころの天気を描くことで学生が授業に集中できるようになったという効果もありました。

 統合失調症の入院患者さんたちの活動の時間に描いてもらった例もあります。スタッフとコミュニケーションを取る上でこころの天気は良い媒介になるようです。

 定期的に、継続的に描くことで、心を観察する力が付きます。観察できれば、自己コントロールが可能になります。また、グループでシェアリングすることで、お互いの気持を思いやれるようになります。

 
「こころの天気予報」という方法

 

 東亜大学の上薗俊和先生はこころの天気を描いた後にさらに「こころの天気予報」を描くという新たな方法を開発されました。最初に描いた天気が何時間後、あるいは何日後にどんなふうに変化しているか自分で予報してみると、気持ちが前向きになっていくという効果があります。左の用紙をご利用ください。

「こころの天気」とは